スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←アマ王将戦 東京地区大会 予選一日目 →女流王座戦第二局 終盤の大逆転を逃す
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


総もくじ  3kaku_s_L.png 将棋上達方法
総もくじ  3kaku_s_L.png アマ棋界
もくじ  3kaku_s_L.png プロ棋界
総もくじ  3kaku_s_L.png 第3回電王戦
総もくじ  3kaku_s_L.png 女流棋界
総もくじ  3kaku_s_L.png エッセイ
総もくじ  3kaku_s_L.png 対局日誌
総もくじ  3kaku_s_L.png 研究
総もくじ  3kaku_s_L.png 将棋グッズ
もくじ  3kaku_s_L.png おしらせ
  • 【アマ王将戦 東京地区大会 予選一日目】へ
  • 【女流王座戦第二局 終盤の大逆転を逃す】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「研究」
課題局面 対振右四間

三間飛車vs右四間穴熊の見解

 ←アマ王将戦 東京地区大会 予選一日目 →女流王座戦第二局 終盤の大逆転を逃す
アマ王将戦の予選トーナメントで図の局面になりました。



よくこの局面になるのですが、勝率がよくありません。二割くらいかも?

△36歩とこられても、▲39金がいるため、▲37歩と受ける必要がなく、▲45歩といけば、△22の角浮いているため、歩を取る事が出来ません。


そんなわけで、右四間側も指せると考えていたのですが、どうやら誤解のようです。
図の局面ではすでに三間飛車の作戦勝ちのようです。
最終手の△14歩が良いです。

実戦は▲99玉△36歩▲同歩△同飛とすすみました。



本来はここで▲45歩と行けないとまずいのですが、▲45歩とすると、△13角とされます。△14歩はそのためです。目標の角に
スラリとかわされた格好です。しかも、▲57の角成をうけると、△46飛とぶつけられて、受け切れません。多少の駒損でも三間飛車側の玉がメッチャクチャ固いので勝負になりません。

そこで、実戦ではしぶしぶ▲37歩と打ったのですが、ここに歩を打つようでは作戦失敗です。

数々の敗戦により、この形はダメだと理解しました。別の作戦をかんがえることにしましょう。



いつも、ブログを読んで頂き、ありがとうございます。 また来て下さいね。楽しみにしてます。
ボチッと押すと、ランキングが上がります。
こばちゃんの応援よろしくお願いします。

  にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ     
 にほんブログ村へ   将棋 ブログランキングへ


こんな記事もおすすめです。
将棋の上達を妨げる最大の原因
天下一将棋会は上達に有効か?
負けてばかりいる時、どうする?
「どうして、将棋を好きになったの?」
見事な居飛車銀冠対策 リコー杯王座戦より
人生の達人@蒲田将棋クラブ
本当に将棋に強くなりたいのなら
加藤一二三先生「発見」が生きる喜び
「ぜんこう」さん
意外と知られていない「数の原理」の裏の意味
ダイレクト四間飛車の対策
名コーチたる条件
関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png 将棋上達方法
総もくじ 3kaku_s_L.png アマ棋界
総もくじ 3kaku_s_L.png 第3回電王戦
総もくじ 3kaku_s_L.png 女流棋界
総もくじ 3kaku_s_L.png エッセイ
総もくじ 3kaku_s_L.png 対局日誌
総もくじ 3kaku_s_L.png 研究
総もくじ 3kaku_s_L.png 将棋グッズ
総もくじ  3kaku_s_L.png 将棋上達方法
総もくじ  3kaku_s_L.png アマ棋界
もくじ  3kaku_s_L.png プロ棋界
総もくじ  3kaku_s_L.png 第3回電王戦
総もくじ  3kaku_s_L.png 女流棋界
総もくじ  3kaku_s_L.png エッセイ
総もくじ  3kaku_s_L.png 対局日誌
総もくじ  3kaku_s_L.png 研究
総もくじ  3kaku_s_L.png 将棋グッズ
もくじ  3kaku_s_L.png おしらせ
  • 【アマ王将戦 東京地区大会 予選一日目】へ
  • 【女流王座戦第二局 終盤の大逆転を逃す】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【アマ王将戦 東京地区大会 予選一日目】へ
  • 【女流王座戦第二局 終盤の大逆転を逃す】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。