スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←王将戦第5局二日目 竜王は「水を運ぶ」のがうまい! →ニコニコへやってきました。 ハード増強!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


総もくじ  3kaku_s_L.png 将棋上達方法
総もくじ  3kaku_s_L.png アマ棋界
もくじ  3kaku_s_L.png プロ棋界
総もくじ  3kaku_s_L.png 第3回電王戦
総もくじ  3kaku_s_L.png 女流棋界
総もくじ  3kaku_s_L.png エッセイ
総もくじ  3kaku_s_L.png 対局日誌
総もくじ  3kaku_s_L.png 研究
総もくじ  3kaku_s_L.png 将棋グッズ
もくじ  3kaku_s_L.png おしらせ
  • 【王将戦第5局二日目 竜王は「水を運ぶ」のがうまい!】へ
  • 【ニコニコへやってきました。 ハード増強!】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

将棋上達方法

全体感を養うトレーニング法

 ←王将戦第5局二日目 竜王は「水を運ぶ」のがうまい! →ニコニコへやってきました。 ハード増強!
部分的な事にとらわれ、失敗する事はありませんか? こばちゃんはしょっちゅうです。将棋でも、仕事でも、私生活でも・・・ 全体を見通せば分かることなのに、部分にこだわって悪手を指す。何度も失敗しますが、なかなか直らないのですよね。そこで、全体感を養うトレーニング法を考え、試しているところです。

名付けて、『カーナビ式全体感養成法』




将棋に関するものは一切使用しません。何の準備もいりません。

外で歩く時に『カーナビ』の画面のような感覚を持つのです。カーナビでは自分の現在位置が常に画面の中央に表示されます。移動しても、△で表示される自分の位置は動かず、周りの地図が動きます。

それと同じように外で歩いている時、自分が動いているのではなく、周りの景色が動いているという感覚を持つのです。



結構面白いです。ただ心の持ち方が替わっただけですが、見えてくるものが違ってきます。毎朝駅を降りてから仕事場に着くまで、15分歩きますが、行き帰りでトレーニングしています。

目的を持ち、自分が目的に向かってどんどん進んでいくというイメージを持つと、どうしても視野が狭くなります。逆に自分は動かず、目的の方がどんどん自分に近づいてくるイメージを持つと、視野が広くなります。いままで気づかなかったものに気が付いたり、落とし穴に気が付いたり、いろいろなものが見えてきます。

果たして、将棋の上達に役立つでしょうか?
それは何年か後のお楽しみ。
真似してもいいですが、保証しませんよ。
物好きの人は試してみて下さい。



いつも、ブログを読んで頂き、
ありがとうございます。
ボチッと押して、こばちゃんを応援しましょ
う!
よろしくお願いします。

  にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ     
 にほんブログ村へ   将棋 ブログランキングへ



こんな記事もおすすめです。
ダイレクト四間飛車の対策
新しい右玉対策成功! 蒲田順位戦より
『角換り』の解説本の紹介
『すぐ勝てる右四間飛車』定跡本の使い方
角換り腰掛け銀 後手待機策に対する攻略法(5)
右四間飛車左美濃を指さない理由
アマ竜王戦 代表選手に共通していることは?
ウサギとカメと・・・
対局日誌 札幌将棋センター(1)
A級順位戦 竜王でも6手先を研究出来ない将棋の難しさ
初心者にとって、最も効果のある上達方法
『現代将棋の思想』は難しい
関連記事


総もくじ  3kaku_s_L.png 将棋上達方法
総もくじ  3kaku_s_L.png アマ棋界
もくじ  3kaku_s_L.png プロ棋界
総もくじ  3kaku_s_L.png 第3回電王戦
総もくじ  3kaku_s_L.png 女流棋界
総もくじ  3kaku_s_L.png エッセイ
総もくじ  3kaku_s_L.png 対局日誌
総もくじ  3kaku_s_L.png 研究
総もくじ  3kaku_s_L.png 将棋グッズ
もくじ  3kaku_s_L.png おしらせ
  • 【王将戦第5局二日目 竜王は「水を運ぶ」のがうまい!】へ
  • 【ニコニコへやってきました。 ハード増強!】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【王将戦第5局二日目 竜王は「水を運ぶ」のがうまい!】へ
  • 【ニコニコへやってきました。 ハード増強!】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。